HARD ROCK BAR ROCK HOUSE in BLOG!!

愛媛県松山市にあるハードロックバーロックハウスのブログ

 私がトレーニングをする時に、ポータブル・ミュージック・プレイヤーで聴く曲の中でも、とりわけお気に入りなのが、このアルバム

DIONYSUS.jpg

 2004年発表のスェーデンのバンド(だったと思う)DIONYSUS<ディオニソス>のアニマ・ムンディ


 悲しいかな、現在ではパソコンでググってみても「ギリシャ神話の神」としてでしか出てこない事が多いので、DIONYSUSとANIMA MUNDIをセットにして検索をかけてみてください

 メロディック・パワー・メタルとかネオ・クラシカルのジャンルに入るこのバンド。

兎にも角にも、メロディーがハンパなく美しい

疾走する高速ビートに乗せて、哀愁を帯びた美旋律がこれでもかと炸裂し、随所に重厚なコーラスが入る

 自ずとドーパミンやらエンドルフィンやら脳内麻薬が噴出されて、トレーニング中に火事場の馬鹿力も出るっちゅうもんですよ


 これを聴いても、「何やイングヴェイのパクリやんか~!」「バタバタ音が多くて速すぎて軽いなぁ~」「ヴォーカルがすっぽ抜けたようなハイトーンだね! ふにゃチン系だね!」と、見下ろしたようなコメントしかできないような頭でっかちな輩とは、このアルバムについて語りたくはないものです。



 この曲の良さがわかる感性の持ち主には「同士」のような感覚を抱いてしまいますよね~(^_^;)


「さぁ友よ  夕日に向かって共に走らん」(爆)



ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 
スポンサーサイト
 12月13日のブログに登場したコロシアムのサックス・プレイヤー「ディック・へクストール・スミス」の息子「アーサー・へクストール・スミス」さんの話を覚えていらっしゃるでしょうか?

彼を日本に呼んだ人物が、彼から先日ロックハウスに飛び込みで飲みに行ったという事を聞き、そんな店があるのか?!と、早速うちにやって来ました。


イアン&道佳 001

 左側が、そのイアン・ハリントンさん。  欧州政府の仕事で日本に来ている現スペイン在住のイギリス人。(アーサーさんと同じです)

彼曰く、アーサーは「今回日本に来て色んなとこを見て回ったが、何よりロックハウスに感動した!」と…

嬉しい限りですねぇ~(T_T)

 イアンさんは、アーサーさんと違い日本での仕事も長いので流暢な日本語で、ディブ・スペクターばりのダジャレで応酬(欧州)してきます。

私「What your name?」

イアン「イアンです」

私「プログレ好きでも、イアン・マクドナルドじゃないですよね?」

イアン「いあん! ばかぁ~!」(爆)「プログレッシブ・ロックじゃなくて、デプレッション(うつ病)・ロックですよ。 暗いから聴くと鬱になる」…   とどまるところを知りません(^_^;)



 そして、もう一人の初めてのお客さん。


イアン&道佳 003

 携帯でハードロック・バーを検索して、わざわざ来てくれた素敵なお嬢さん

おとなしい彼女の好みは意外と激しくツェッペリン、パンク、オルタナ、グランジ辺りだそうです。

彼女の好きなニルヴァーナとスマッシング・パンプキンズのビデオをオン・エアー

気に入っていただけましたでしょうか



ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 
 今日が初めてのご来店の明るく素敵なお客様。  高松から出張で来られ、パソコンでロック・バーを検索したところ、ドンピシャそうな「ロックハウス」を発見され喜び勇んで来たそうです\(~o~)/

高松出張 001

 携帯の待ち受け画面の樋口宗孝さんと一緒に記念撮影

そう 彼女のお好みは「ジャパメタ」

ラウドネスやアンセムのビデオを堪能した後に、彼女がいつかは観てみたいと思っている念願の「ラウドダス」を見せてさしあげました。

愛媛が誇るラウドネス公認のコピー?パロディー?バンドです。

その流れでコピー・オズボーンや「シックス・ライド」「サーベル・タイガー」の下山さんがヴォーカルを務めるレッド・ツェッペリン・コピー・バンドなどで盛り上がっていただきました。


 いかがでしたか? 「ロックハウス」は、ドンピシャだったでしょうか?(^_-)-☆


ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 

 誰にも、お気に入りの曲の1曲や2曲はあることでしょう。

私の中で70年代後期限定でのポップスの3大バラードと言えば以下の3曲ですね

 まずはビリー・ジョエルの「オネスティー」

http://www.youtube.com/watch?v=G4BGHOUxzK8

 進学塾不要論を唱える父を持つ受験生の私が頼れるのは、旺文社の大学受験ラジオ講座のみ(^_^;)

その中で、英語の歌を教材に歌詞を訳すコーナーがあり、ビートルズやカーペンターズと並んで、ビリー・ジョエルも取り上げられていて訳しながら勉強した思い出深い曲です


 2曲目は、限られたお小遣いの中でレコードを買う時についついそそられるのは、ロック名盤復刻シリーズなどの廉価盤。

1500円というお値打ち感に惹かれて買ったエルトン・ジョンのLPレコードに収められていた「ユア・ソング」

http://www.youtube.com/watch?v=_SJg39QAxDM

 3曲目は、先輩の社会人バンドがライブでやっていて1発で気に入ったボズ・スキャッグスの「ウィー・アー・オール・アローン」

http://www.youtube.com/watch?v=NkZGAscEdLw&feature=fvw


 文系、理系の進路選択で父親と意見が合わず宅浪を余儀なくされた私は、父親の転勤のため小さな小さな山奥の野村町で宅浪生活を送るものの、野村町にはアルバイト先すら無く、遥か遠く離れた宇和島市まで新聞配達のアルバイトをしに通っていました。

片道1時間はかかったであろうか…  往き帰りの道のりで原付のカブのカゴに積んだラジカセをフル・ヴォリュームにしてこれらの曲をかけて、延々と続く山道の中を走りながら一緒に大声で歌ったものです

 おかげで、いまだに宙で歌えるくらい覚えている、自分の中では文句無しの3大バラードですね(^_-)-☆


 みなさんの3大バラードは、どんな曲ですか?




ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 
 ロック通の方なら、ご存知「コロシアム II」 ロックとジャズを融合させたフージョンの走りのスタイルでゲイリー・ムーアが在籍していた事でも有名ですよね。

その前進のバンドが「コロシアム」。 1970年前後に活躍したブリティッシュ・プログレッシブ・ロック・バンド。

その当時は無名だったドン・エイリーやニール・マーレイなども在籍していたので興味のある方はググってみてください。

ジャズとロックのみならず、クラシックやブルースも融合させた芸術性の非常に高いバンドで私のお気に入りでした。

もちろん、そのような難解?な音楽が商業的に成功するのは稀で、ロック通でも「コロシアム」の方は聴いた事がない方がほとんどだと思います。


 今日のロックハウスにふらりと飛び込みで入って来た外人さん。


秋山さんとコロシアム 001

 開口一番「Do you speak English?」 あ~このおっちゃん、日本語しゃべれないんやな

「ジャスターリルビッツ(^_-)-☆」と答えて話を聞くと、コンピューター関係の仕事をしているイギリス人で45歳の彼は、観光で日本に来て今日で8日目だそうである。

どんな音楽が好きか?と訊くと「コロシアム」知ってるか?と彼が言うのでCDをかけてあげると「何でこのCDがあるんだ!?」と驚きつつも大喜び\(~o~)/



 なんと彼のお父さんはコロシアムのサックス・プレイヤーのディック・へクストール・スミスだそうです

ディック・へクストール・スミスは、以前私のブログに書いた1969年に行われたロック・ショウに出てくるローランド・カークばりに、同時に口に2本のサックスをくわえて別々の旋律をかなでることのできる変態サックス奏者です。

12歳になる彼の息子も音楽の腕がなかなかのものなんだそうで、YOUTUBEで検索して見せてくれました。

確かに! レスポールを抱えてジミヘンのパープル・ヘイズをバリバリ弾きながら歌っており、最後はお約束の頭の後ろにギターを抱え上げて弾くところまでやってました(笑)




 そうこうしてる所へ、ご来店されたのは選手としても指導者としても有名な今治の空手家、秋山道場の秋山先生でした

秋山さんとコロシアム 002

 わざわざロックハウスに来るためだけに今治から遠路はるばる来られたそうです<(_ _)>

スミスさんに「この人は、有名な空手の選手なんですよ!」と説明しても、「どのくらい凄いのかまるでわからない??」といった顔をしていたので、テレビ放送をされた2007年の白蓮会館の全日本大会の録画ビデオを見せてあげました。

テレビ画面に映し出された秋山先生の戦う姿と、同じカウンターに座っている秋山先生の姿を見比べてビックリしておりました

と、同時に「こんなビデオまであるんですか?」と秋山先生自身もビックリされたようでした(^_^;)



 カラテハウスと言われる所以です


ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 
 
 ロックハウス名物、「プログレおでん」の季節がやってまいりました

和食の基本をしっかりと押さえつつも「プログレ」の名にふさわしい革新的な「だし」と「具材」をご賞味ください。


おでん 001


 今年の目玉は、何といっても女性に嬉しい「コラーゲンたっぷり」の出汁。

鶏の手羽元と、鶏由来のコラーゲンボールから抽出された天然のコラーゲンがたっぷりで、食べた翌日はお肌ぷるぷる

 具材も「陰陽座ならぬ温餃子」「徹子の頭(玉ねぎ)」等、斬新かつ「まいう~」なラインナップ

プログレッシブ・ロックを聴きながら「プログレおでん」に舌鼓を打って、文字通り才色兼備になりませう


(注釈)プログレ:プログレッシブの略語で「革新的」「前衛的」の意。 プログレッシブ・ロックはジャンルを超えたミュージシャンが、ロックにジャズやクラシックの要素を取り入れ新しい音楽の可能性を追求した、まさに革新的な前衛ロック・ミュージックです。



ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 

 その昔、プロからスカウトマンが来るほどの高校球児として名をはせた「おやびんさん」

09,12,4番町&おやびん 014


今は自営業をしながら、松山が誇る超絶技巧派バンド「グラスムーン」でドラムを叩いています。

彼らがカヴァーしている超絶技巧派バンドがこれだぁー↓


ドリームシアター



コピーする事自体が至難の業。 「ドリームシアター」です!


この度、「ARESZ」というメジャー・バンドに認められ大阪公演に前座出演が決定しました

 グラスムーンのコミュはこちら
        ↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4497408

 「ARESZ」のアルバムをかけると、「何でこんなのまであるのか?」と驚いていたので、現代ジャパメタ繋がりで「おやびん」さんの好みそうな「マスターマインド」をかけるとツボりまくりで、大盛り上がりで仕事仲間と祝杯をあげていました






 そして日付が変わって深夜2時

「社長、ご無沙汰しております。 わかりますか?」と、ひとりの中年。


矢野君 004


「おーっ! Y君、久し振りー! 額がまぶしくなって、すこし顔が膨張したけど男前のまんまやなぁ~(笑)」

 17年前に、私が経営していた営業会社に入社した時は22歳で髪がギッチリ生えた元高校球児の好青年

先日、テレビ愛媛で放送された私のドキュメンタリー番組を偶然見かけて逢いたくなって、この「ロックハウス」の場所を調べて来たそうです。

しかも今、住んでる西条市から…

実に16年ぶりの再会です。



 Y君「社長! イングウェイの、あの曲かけてくださいよ!」

 私「えっ お前、イングウェイとか聴いてたっけ??」

 Y君「社長が会社で朝礼の始まる前の体操をしている時によくかけてたから、僕CDまで買ったんですよ~


 
 そうか その頃から、そんなに俺はハードロックバカ一代だったんだなぁ~


 思い出話に花が咲き深夜の2時半だというのに「部長にも逢いたいですね~」というので、取り敢えず電話

「部長」とは、私が東京時代に勤めていた営業会社での元上司で、私が帰郷し独立した際に社宅を用意して管理職をしてもらうために松山に呼び寄せた人物です。

彼も非常に懐かしんで「年内に同窓会をしようぜ」と言い出し、再会を誓い盛りあがったのでした。


 一番ハードに仕事をしていた青春時代の仲間との再会

今から楽しみです。




ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン