HARD ROCK BAR ROCK HOUSE in BLOG!!

愛媛県松山市にあるハードロックバーロックハウスのブログ

 みなさんは、日本が世界に誇る「エレキの神様」をご存じだろうか

みなさんがよくご存じのCharでもなければ、ラウドネスの高崎晃でもありません。

 9歳で世界初のエレキ・ギターを発明するも時代が時代なので非公認記録となってしまった天才。

その土着的で民族色の濃いしょぼい音で日本ではダサいと過小評価をされながら世界では、チェット・アトキンス、レス・ポールと並んで3大ギタリストの栄誉に輝いた天才。

サンタナやジェフ・ベックが来日するとサインを求めに来るギター界のカリスマ。

私は、中学生の頃から彼の大ファンでレコードを何枚も持っておりました。

 そう! 彼の名は、寺内タケシ。





 1976年にはソ連に住んでいて寺内の大ファンだという白血病に苦しんでいる8歳の少女に生演奏を聴かせるために、共産圏で当時ロックを全く知らないソ連へと向かい、3千万円の赤字と寺内企画の倒産を覚悟でツアーを決行しました。

結果、大反響を呼びモスクワ名誉市民を贈られた偉人である。

 ジャンルに囚われず、彼の個性的な音色、卓越したテクニックに触れてみて新しい音楽世界を切り拓いてみてはいかがでしょうか




そして今日のお客様

広島で英会話教師をしているイギリス人、Glennさん。



Glenn 001
 


ディープ・パープルやツェッペリンが大好きで、ふらりと松山観光に来てロックハウスを見つけました。

いいロック・バーを見つけた!と、とても気に入ってくれた様子で、これからは休みの度に遊びに来ます(*^^)vと嬉しそうでした。




ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 

スポンサーサイト
 今日の講義も昨日に引き続き日本のロックの夜明けを築いた偉大なバンドを紹介します。

え~、バンド名は知っていてもメジャーでヒットした曲しか知らなかったと言う声が多かったようです。

メジャーで売れた曲というのは、一般大衆向けに歌謡曲化して作られたもので、そのバンドの本質からはかけ離れたものであるという悲しい側面もあります。

昨日のジョー・山中、そしてこのカルメン・マキも然り。(ジョーは、「人間の証明」。 マキは「時には母のない子のように」で、一般には知られていますね

本質を見よ(冒頭でモニターの聴こえが悪いのかスタッフを睨み倒しているマキの顔が怖い







 未だにロックの最高峰に輝くレッド・ツェッペリンやディープ・パープル、ジミ・ヘンドリックスなども、もちろん私の思春期リアル・タイムではありません。

リアル・タイムで青春を過ごした方は今50代の方たちです。

しかし年齢に拘わらず、今の音楽のルーツや、真に良い芸術を遡って聴いてみて、新しい感動を発見してみてはいかがでしょうか





ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 

 1970年代初頭、日本から世界に羽ばたいた伝説のロック・バンドがいた。

その名は、ジョー山中とフラワー・トラべリン・バンド!




 最近、遂に永年追い求めていたこの曲の映像を手に入れました(*^^)v

ロックハウスで絶賛ヘビロテ中です





ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン 

 今日は芳醇なコーヒー豆の香りと爽やかな飲み口で飲む人を魅了するコーヒー焼酎を仕込みました

コーヒーといえばブラジル

そんなイメージから、この手作り焼酎をブラジルのメロディック・メタル・バンドの雄にあやかって「アングラ」と命名

使てる豆は、ブラジルとちゃう!(笑)私が平素から愛飲している「グァテマラ」ですけどーーー

焙煎したての最高の豆を買ってきたその日に、ふんだんに使って仕込んだから香りが抜群



コーヒー焼酎アングラ 004



 早くもエキスが抽出され始めていますが、飲み頃は明後日くらいからです。

今週末には、とびっきり美味しいコーヒー焼酎を召し上がっていただけますよ

水割りで飲んで良し、ミルク割りで飲んで良し、もちろん(ハード)ロックが最高なのは言うまでもありません(*^^)v
 ご無沙汰しておりました(^_^;)

最近ユーチューブでロシアのクラシック作曲家を鑑賞することにはまってしまい、挙句ヒナステラまで飛んでいって、どっぷりと浸かり、やっと戻ってまいりました。  おっとロシア(@_@;)

 今日、ご紹介するのはこれ




 ユーライア・ヒープのジュライ・モーニング

72年くらいの作品でしたっけ?

この映像はわりと最近のもののようですが、演奏も歌声もまだまだしっかりしてますよね

Vo.のデヴィット・バイロンは禿げて髭が無くなると、デイヴ・リー・ロスかスティングみたいなルックスになっちゃうのね

ギターがストラトになって、もっと前面に出てくると第2期ディープ・パープルに近いテイストになるんでしょうね。

あっ カルメン・マキとOzも、これに似たかっちょいい曲やってましたね(^_-)-☆


ロック・メタルのブログランキングです。 ロックハウスの存在を1人でも多くのロック・ファンに知ってもらうために熱いロック魂で、ここに強烈なクリック一撃お願いします。http://blogranking.fc2.com/in.php?id=453760

検索キーワード:愛媛県 松山市 ハード・ロック・バー おとなのロック・バー おとなのロック酒場 ハード・ロック プログレ ヘビー・メタル ヘビメタ メロディック・メタル シンフォニック・メタル ブルース クロスオーバー フュージョン